昔ながらの方法にてねずみ退治

ねずみ退治をする方法は最新テクノロジーを活用するなど時代と共に変化してきていますが、相変わらずメジャーなのが物理的に捕獲するという方式です。ねずみというのは数ある生き物の中でも特に同じ動きを繰り替えす傾向にあります。

人気な東京新聞情報を厳選して紹介しています。

そのため、侵入してくる場合は必ず同じ隙間を使用し同じ経路で移動するのです。


また、複数の食べ物があったとしても最初に口にした物ばかりを食べる事が多いです。

こうした習性を利用してねずみ退治を行うと当てずっぽうで器具などを設置するよりは圧倒的に高い確率でねずみ退治が完了します。
そこで、捕獲器を使い物理的にねずみ退治する時は実際にこれまで被害に遭った食材を餌として用いておびき寄せましょう。ねずみはワンパターンな行動を繰り返すものの、とても警戒心が強い事から普段見慣れない道具があると警戒してしまいます。

すんなりと入るという事は少ないのですが、たとえ入らなかったとしても道具は数日間程度そのままの状態で放置してください。

ねずみにとって捕獲器がある事が当たり前になると警戒心が無くなり自ら入ってくるようになります。

今までになかったネズミ退治に有効な情報の紹介です。

また、同じように古くから使用されているのが粘着シートです。



その名の通り粘着性があるシートの上をネズミが歩いた際に動けなくさせるというものですが、面積が小さいのでなかなか恩恵が得られない事もあります。

このような点から粘着シートを使うのであれば、できるだけ多く用意し隙間ができないように設置してください。