屋根裏の調査から始めるねずみ退治

家の中でガサゴソという音が聞こえる時は、ねずみが住み着いている恐れがあります。
ねずみは一見するとかわいいものの、ふん尿を家の中に撒き散らし不衛生な住環境を作り出してしまいます。

中には電気の配線などをかじってしまうねずみも多く、突然の停電に見舞われる可能性もあります。


そのうち収まるだろうなどと考えずに、早めにねずみ対策を行うようにしてください。ねずみ退治の第一歩は、家の中のどの辺りに出没するのか調査するところから始めます。


ねずみを捕まえる際にはトラップを仕掛けるのですが、動きまわるルートを知っておくと効率よく設置できるからです。


調査は室内の押し入れに入り、屋根裏をチェックすることで行います。

ホコリが溜まっていない場所や、糞や毛が落ちている場所がねずみの通り道です。


見つけたならその場所に粘着シートや餌を入れた金網製のケージを仕掛けます。

後は定期的に確認して、ねずみが捕まっているのを発見したなら処分します。

このように手順としては簡単ですが、実際に作業を行うのは大変です。



自分でねずみ退治をするのが難しいと感じるのであれば、専門の業者にお願いするのが得策です。
害獣駆除を行っている業者であればねずみ退治に関するノウハウを持っており、室内のどの辺に出没するのか見極め、効率よく捕獲してくれます。



持っている器具や装置といったものも、長年の経験から捕らえやすいものへと改良されています。
それだけに短時間でより大きな効果が期待できます。

満足度の高いReutersのお役立ち情報はこちらのサイトです。